Top ads

祝・4,000本安打!~イチローの本当のスゴさとは?~

ichiro4000

イチロー4000本安打・・・おめでとう!!
イチロー選手が日米通算4,000本安打を達成されました。イチローという人と同じ時代を生きていること…ほんとうに嬉しくそしてありがたく感じております。

イチロー4000本安打

さて。”イチローのすごいところ”といえば・・・なにが思い浮かびますか?安打製造機?連続200本安打?大リーグシーズン最多安打?レーザービーム?俊足?WBCのあの劇的なセンター前ヒット?

たしかにどれもすごいですよね。さすがイチローです。そうなんですが。

イチローの本当のスゴイとこ。

イチローの本当のすごさは、

  • 大きなケガをすることなく現役を続けていること。
  • 試合に出ていること。

にほかならない。これがなければ、4000本安打の達成はできなかっただろう。長嶋茂雄氏や王貞治氏も語っているが、試合に出続けるだけでなくコンディションを一定のレベルに保ちながらのパフォーマンス・・・これぞまさしく”プロフェッショナル”ですね。
▼参考

長嶋茂雄さん「出ているからこそ達成された記録」

イチロー選手の日米通算4000本安打達成について、巨人の元監督の長嶋茂雄さんは、「日米ともずば抜けた成績で、偉業というほかありません。自分自身の記録と比較しても、気が遠くなるような数字です。けがが少なく、いつもゲームに出ているからこそ達成された記録であり、コンディションに細心の注意を払っているイチロー選手の努力のたまものだと思います。常にグラウンドにいることは最高のファンサービスであり、まさにプロ中のプロと言えましょう。今後も一日でも長く第一線で活躍してほしい」と、球団を通じてコメントを発表しました。

イチロー 日米通算4000安打達成 NHKニュース

 

イチローよりもはるかに強靭な肉体を持っているように見えたあの松井秀喜さんでさえも手首の骨折やヒザのケガの前に、最高のパフォーマンスは見せられないどころか試合にさえ出られなかった。ぼくが好きな・・・そして、イチローも尊敬しているという”天才バッター”前田智徳さんも度重なるケガに苦しみながらも現役を続けている。他にも、野茂英雄、桑田真澄、清原和博、松坂大輔。なつかしいところでは伊藤智仁など、数多くのすっごい選手たちもケガの前では最高のパファーマンスはみせられないのだ。

イチローから学んだこと

その一瞬に自分の力の限りを尽くすことは大切。だけど、もっと大切なことはそれを踏まえた上で”続けること”だと感じました。ブログも”一記事入魂!一文字入魂!”を踏まえつつ、続けることを大切していきたい。

まとめ?

なにはともあれ。イチロー選手、おめでとうございます!日本の誇り。遠く日本より、一日でも長く現役で活躍するその姿を楽しみにしております。できれば、日本球界に復帰してもらえたら最高ですっ!

祝・4,000本安打!~イチローの本当のスゴさとは?~ 祝・4,000本安打!~イチローの本当のスゴさとは?~ Reviewed by Jean Kamikaze on 8/23/2013 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.