Top ads

ジブン手帳「LIFE」と真剣に向き合う。それは自分自身と向き合うこと。だから”ジブン手帳”なのか・・・なるほど。

あ、どもども。じーん(@jean_jpn)です。

「手帳生活、はじめました」と公言したものの、ブログ運営おなじく、手帳も初心者。加えて、典型的A型マニュアル人間。しごとも言われたことしかできません!てか、言われたことさえできません!・・・でおなじみのぼくです。

いやーそういう自分を変えるべく「ジブン手帳」を購入したわけなんですが、正直なところ、「手帳をつかっているおれってなんかカッコイイやん」っていう気持ちが9000割くらいあったわけでして。 

と、いつもどおりのイイワケをかましたところで、今日は3冊で1セットになっているジブン手帳の「LIFE」を自分なりに解剖していこうと思います。

ジブン手帳「LIFE」をあらためて見つめる。

3冊まとまっているジブン手帳を購入して、ちょっと時間が経ちました。あらためて「LIFE」を開いてじっくり見てみることにしました。

最初のページは、「LIFE’S DREAM/人生の夢」となっています。人生の夢も「仕事」「勉強」「資格」「金銭」「貯蓄」「人間関係」・・・と、細分化されている。

「あなたの夢はなんですか?」と聞かれても、これがすんなりと答えられない。冷静になって考えると、生きている以上、夢とか目標とか、そういった「人生の目的地」を設定しておかないと、一日一日をどう過ごしていいのかわかったものじゃない。カーナビみたいなものだ。目的地がないとただただ周りの景色を眺めるだけのドライブになってしまう。それはそれで楽しいかもしれないけど、まだまだ時間がたくさんある人生、ドライブだけして終わるのはやっぱり嫌だ。

夢・・・か。あの頃、ぼくはどうなりたかったんだろう。いまのぼくはなにがしたいんだろう。どうなりたいんだろう。本来ならワクワク楽しみながら考えることだろうに、ぼくにはとても億劫な作業になってしまった。それは、いままでのぼくがずっと避けて通ってきたからだろう。 

「人生の夢」に続く項目として、

  • 座右の名:信条 理想 志
  • 人生設計
  • 通年記念日:自分と関係する人たちの誕生日 記念日
  • 日本&世界旅行地図:旅をした場所 住んだ場所 行きたいところ 「あの人」がいるところ
  • ジブン年表:自分や自分と関わりのある人の歴史 成長記録
  • 家系図
  • 緊急連絡簿
  • パスワードヒント リスト
  • 資産欄
  • 病歴
  • お気に入りの写真

となっています・・・うん。

自分という人間がこの一冊でほとんど暴かれます。自分のことを自分の目で確認する、そういうことです。いまの自分が理想の自分になっているのか、はたまたそうでないのか。その理由が見えてきます。いまの自分がどういう人間なのかわからなければ、この先、進むべき道も見えてこないなぁ・・・とあらためて感じました。

「自分自身のことをみつめること」

それが苦手なぼくは、なんというか・・・気持ち悪くなりました。おそらくは、自分の中でネガティブな自分とポジティブに考えたい自分とが戦っているからでしょうか。やはり、これまでネガティブでずさんで怠惰な生活を送ってきた自分のほうがそれでもまだ大きいです。

だけども、それだから、これまでの人生を右往左往してきたわけですし、自分の人生を自分の力で歩むには、ここは逃げずに向き合うべきかと思います。

がんばれ、おれっ!逃げるな、”ジブン”!! 

ちなみに、ジブン手帳を購入してしばらく経ちましたが、「LIFE」のほとんどを埋めることができずにいます。この「LIFE」をサクッと埋めることが出来る人は、きっと幸せな人だと思います。

ジブン手帳「LIFE」で、”あ、これいい!”と感じた点。

「LIFE」の魅力的なところは、「ジブン」だけに特化せず、自分と関わってくれている身近な人のことも考えられていることです。家族、友人、配偶者・・・など。

特に、ぼくにとって「家系図」というものは新鮮でした。家系図そのものはもちろん知っていますよ。ジブン手帳のおかげか、家系図が急に身近な存在になりました。自分の家に「家紋」なんてものがあるんか!ってことも、この家系図によって判明しました。

この家系図のおかげで「いまの自分が存在していること」に興味がわいてきます。そして、なんだかありがたい気持ちになりました。正直、あまり好きではない両親や兄弟、親戚のことなんかも、これまで違った角度から見ることができました。

ジブン手帳「LIFE」・まとめ

人生で初めて手帳を使うにあたり、ジブン手帳を選んだ最大の理由がこの「LIFE」でした。自分の人生を自分で決めず、一体だれが自分の人生をみちびいてくれるのだろうか・・・。自分をみちびくのはジブンのみ。そんなことを気づかせてくれたジブン手帳「LIFE」。真っ黒になるくらい、生涯をかけて書き込んでやりたいですね。

手帳の使い方で悩んでいたりもするわけですが、手帳はそこに何かを書き残し、確認し、また書き込む。それでなければ、持っている意味がありません。

あれやこれやととにかく書き込んでいく中で、自分らしい使い方が見つかると信じ、とりあえずジブン手帳を広げてみる今日このごろです。

ではでは、ジブン手帳ユーザーの皆さん。今後とも、よろしくです。 

ジブン手帳「LIFE」と真剣に向き合う。それは自分自身と向き合うこと。だから”ジブン手帳”なのか・・・なるほど。 ジブン手帳「LIFE」と真剣に向き合う。それは自分自身と向き合うこと。だから”ジブン手帳”なのか・・・なるほど。 Reviewed by Jean Kamikaze on 12/02/2013 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.